人と地球の架け橋に 竹中土木

“未来のごみ箱”がテーマの「夏休みエコ絵画コンクール」に協賛

2019.08.27

当社は、「地球環境と共生する社会基盤の構築」を目指し、人々が安全に安心して暮らせる社会環境を創造する事業活動の一つひとつがサステナブル社会の実現へとつながり、社会的責任を果たしていくことと捉えています。
その一環として、千葉県が進める「環境学習基本方針」の主旨に基づき開催される「夏休みエコ絵画コンクール(主催:千葉テレビ・千葉県環境財団)」に2017年から3年連続で協賛を続けています。

 

千葉県内の小学1年生~6年生を対象とする「夏休みエコ絵画コンクール」は今年で14回目の開催。『未来のごみ箱』をテーマに…家庭や産業から出る「ごみ」について子供たちが考える「こんなふうになったらいいな」を絵で表現。“ごみ箱の未来の姿”を想像し描くことで自分たちを取り巻く環境の大切さを感じ・学び・考えるきっかけづくりになるとともに、限りある資源を大切に使うことが未来に繋がると気づいて欲しいと願い、毎夏開催されています。

 

今回の応募期間は7月1日~9月20日、入賞・入選作の表彰式および展示会は11月に行なわれる予定です。