人と地球の架け橋に 竹中土木

CSR情報

 

事業に関わる多様な人々とともに…

将来に亘って健全な事業活動を継続するため、積極的にステークホルダーとの対話を行なっています。
そこで議論された意見・課題等は全社で共有され、様々な事業分野へフィードバックしています。

未来を担う学生への支援と交流

当社は「企業の一番の財産は社員」と捉え、建設業の未来を担う学生たちヘの支援と交流に力を注いでいます。

●作業所・事業所見学会

作業所見学会は、通常の土木現場のみならず、普段はなかなか体験できない海上で行われる地盤改良工事の現場でも実施しました。また、技術研究所見学会は大学のほか工業高等専門学校の授業の一環としても開催しています。
当社は、学生の建設業への理解やキャリア形成に資する場として…また、企業が果たすべき社会的責任の一環として作業所見学会などを継続していきます。

●インターンシップ(就業体験)

2017年秋〜2018年春に当社インターンシップに参加した学生は、長期・短期合わせて全国で約90名。
建設業の最前線で行われる施工管理業務やグループワークを体験しながら、社員との交流を通じて土木への理解を深めてもらうとともに、学生達の意見や想い等を企業として共有。将来を担う若手のキャリア形成支援や人材育成力の向上に役立てています。

学生の作業所見学…「DCM」船

学生の作業所見学…「DCM」船

学生の作業所見学…ニューマチックケーソン工法

学生の作業所見学…ニューマチックケーソン工法

インターンシップ…高速道路現場

インターンシップ…高速道路現場

インターンシップ…高速道路現場

インターンシップ…高速道路現場

協力会社とのパートナーシップ…絆を深める『竹栄会』活動

「竹栄会」は、全国167の協力会社で組織され、技術力の強化と生産性の向上、並びに労働災害防止活動を積極的に推進し、会員相互の資質向上と体質の強化を図って共存共栄の実をあげ、会社の発展に寄与する事を目的としています。
「生産性向上事業」をはじめ「労働災害防止事業」や「労災互助事業」など活動内容は多岐にわたり、当社は良きパートナーとして多方面における協力・支援体制をとっています。

●生産性向上活動

「建設キャリアアップシステム」をはじめ働き方改革、担い手の確保・育成に関する情報を提供しています。また、厚生労働省が進める新しい取り組みや建設業法等の法令改正等の動きに対応するために「事業主研修」の開催を継続しています。

●労災防止活動

当社は、安全衛生管理者や職長への研修を支援するとともに、「VR事故体験安全教育」の実施体験教育も支援。また、合同で安全品質環境パトロールも実施しました。

竹栄会労災防止活動…合同安全品質環境パトロール

竹栄会労災防止活動…合同安全品質環境パトロール

竹栄会労災防止活動…VR事故体験安全教育

竹栄会労災防止活動…VR事故体験安全教育

竹栄会生産性向上活動…事業主研修会

竹栄会生産性向上活動…事業主研修会

全国7地区で『安全総大会』を開催

毎年7月1日〜7日までの全国安全週間に先立ち、全国7地区の竹中土木安全衛生管理委員会と竹栄会とが共催して「安全総大会」を開催しています。
大会では、安全衛生に秀でた作業所・協力会社及び技能労働者を顕彰…安全意識の徹底を図るとともに相互の発展に寄与するパートナーシップを強化しています。

竹栄会とともに行なう安全総大会(東京地区)

竹栄会とともに行なう安全総大会(東京地区)

女性活躍推進に向けた環境整備

当社は、年々増加する女性技術者にとって“快適に働ける職場”を考慮…女性がいつでも存分に能力を発揮できる労働環境の整備を推進しています。
2017年からは作業所・事業所等の「女性パトロール」を実施…女性目線からの意見を労働環境の改善・整備に役立てています。

女性が働きやすい労働環境の整備を推進

女性が働きやすい労働環境の整備を推進

作業所をパトロールする女性社員

作業所をパトロールする女性社員