人と地球の架け橋に 竹中土木

技術・工法

その他

DCMオープンカット(DOC)工法

概要

DCMオープンカット(DOC)工法は、地下水位が高い軟弱地盤の地下工事を、低コストかつ安全でクリーンな環境で行うことで、建物の品質を向上します。
セメントスラリーを使用した地盤改良工法を用いることにより、軟弱地盤での大規模なオープンカットを実現し、同時に良好な基礎地盤を提供できる地盤処理技術です。

種類と方法

  • 軟弱な地盤を改良した後、急勾配の法面掘削が可能で、高い段差のあるオープンカットを安全に施工できます。
  • 直立する山留を切梁なしで実現し、自由な作用空間を確保することで、高品質な地下構造体を容易に建設できます。
  • 軟弱地盤を人工軟岩状の土に変えるので、根切区域内は湧水や泥土がなくなり、ドライでクリーンな作業環境が実現できます。
  • 山留工事、杭工事、地盤改良工事などが本工法で同時に施工できるため、工種が減少でき、工期短縮、コスト低減につながります。
  • 格子状もしくは全面にわたって地盤改良することで、信頼性の高い液状化対策ができます。改良範囲は建物の直下のみなので、狭い敷地にも適用できます。
  • 軟弱地盤を、低強度から軟岩状態まで目的に合わせた強度に改良することができ、構造物にとって良好な基礎地盤とすることができます。

図版

写真

写真