人と地球の架け橋に 竹中土木

技術・工法

その他

深層混合処理工法(DCM工法)

概要

「深層混合処理工法 (DCM工法)」は、海底軟弱地盤を固化剤を用いて固め、構造物を支持できる地盤に改良する技術であり、軟弱地盤地域の基礎地盤対策工法として最適です。DCM工法はさらに、陸上にも利用され、液状化対策や地下の施行をオープンカットで行えるようにしたDOC工法へと発展しています。建築・土木構造物の基礎として、支持力増強や地震時の液状化対策のために、広く使用されています。なお、本工法は1979に第31回毎日工業技術賞を受賞しました。

特徴

  • 軟弱地盤地域の基礎地盤対策工法として最適です。
  • 液状化対策工法としても高い評価を得ています。
  • どんな軟弱土も任意の形状・強度に改良できます。
  • 低振動低騒音で早期に強度が出るため、工期の短縮が可能です。

写真

DCMを陸上の軟弱地盤に利用したDOC工法

DOC工法 DOC工法による軟弱地盤のオープンカット

施工方法

施工方法

工種数の比較

工種数の比較

実績

関西空港埋め立て 大阪府(1991年)

関西空港埋め立て 大阪府(1991年)

東京都臨海副都心清掃工場 東京都 (1994年)

東京都臨海副都心清掃工場 東京都 (1994年)

設計:竹中工務店,長倉康彦,
小林克弘+デザインスタジオ
延床:40,543m²
規模:地下2階,地上6階