人と地球の架け橋に 竹中土木
新規採用情報
竹中土木のビジョン

最良の作品を未来へと継承する

竹中土木は創立以来、土木を専業とし『最良の作品を世に遺し、社会に貢献する』という経営理念を時代を超えて誇りあるものとして掲げ、社会発展の一役を担ってきました。
『土木』とは、人の生命や財産を守る社会基盤であると同時に未来に継承する社会の資産である──そうした仕事への誇りを込め、私たちは、手がけた構造物を「作品」と呼んでいます。

想いは一つ…人と地球の架け橋に

写真

近年、世の中は大きく様変わりし建設業に求められる機能や責任は益々多様化しています。
そのような社会環境の変化を踏まえ、竹中土木は、将来の会社像とその実現に向けた道筋を示す『2020年ビジョン』を策定。そのなかで『地球環境に貢献できる会社』を挙げ、時代が求める土木技術を通して人々の安心・安全を支える強い社会基盤を造り、地球環境と共生する『グリーンインフラの構築』を目指しています。
また、竹中グループは『まちづくりの全てのステージ』で最適の技術とソリューションを提供し、社会とお客様にとって最良のパートナーになることを目標に挙げています。
私たちは竹中グループの土木専門企業として、コーポレートメッセージ『人と地球の架け橋に』を一人ひとりが胸に刻み、多様な社会的課題の解決を着実に実践し続けることで、未来の子供たちが安心して暮らせる社会の持続に寄与していきたいと考えています。

未来を見つめ成長しつづける

ここに集まる者はみな、竹中のDNAを受け継ぎ、激動の21世紀にあって見失うことなく土木に専念することで、技術力と提案力で優位性を獲得しています。
私たちは、常に未来を見つめ進化をつづけます。土木に対するすべての人のかわらぬ想いをかたちに「作品」をつくりつづける…それが竹中土木の変わらざる伝統です。

写真

土木を知る

社員を知る

人材育成

採用情報

会社を知る

竹中土木のビジョン