人と地球の架け橋に 竹中土木

全国安全週間を前に安全総大会を開催…「労働災害ゼロ」を誓う

2018.06.29

7月1日から7日まで全店で一斉に展開される「全国安全週間」を目前にした6月22日(金)、東京本店において「安全総大会」が開催されました。


日頃から取り組んでいる「安全管理活動」をそれぞれの職場で再確認する「安全週間」に向けて、竹中社長をはじめ森田安全衛生管理中央委員会 委員長、小幡東京本店安全衛生管理委員会 委員長らが挨拶に立ち、一人ひとりが職場に潜む危険を見逃さないよう危険に対する感性を磨き直し、全員が協力し合って「災害ゼロ」から「危険ゼロ」へと安全性の向上を図るとともに、従来にも増して組織的かつ継続的な「安全衛生管理活動の推進」が必要と呼びかけました。

 

また、亀戸労働基準監督署 工藤滝光署長様からは「職場の安全・衛生のための活動」をテーマに、労働災害防止に有効な「ヒューマンエラー対策」などの訓話を拝聴。あらためて人命尊重・安全第一の基本理念に立ち返って「災害ゼロ」への決意を固めるとともに、誰もが快適に安心して働くことのできる職場環境の構築を目指し、職員並びに協力会社作業員一人ひとりが「安全文化」を意識に深く根付かせ、未来につなげていくことで職場の安全・安心を達成していこうと誓い合いました。