人と地球の架け橋に 竹中土木

CSR情報

グループ全体でサステナブル社会の実現に貢献します

2025年のグループ成長戦略

グループでまちづくり

竹中グループは、2014年に策定した「2025年の成長戦略」によりグループ全体の事業領域を「まち」として捉え、緊密に連携しながら活動しています。 「まちづくりの全てのステージ」で各社が専門技術やサービスの質を磨き、構想段階から企画・計画・建設・維持運営にいたる「まち」のライフサイクル全てにおいてステークホルダーとの対話を深め、国内外における様々な課題に取り組むことで人々が安心して暮らすことができるサステナブルな社会の実現を目指します。

新たな価値を創る

新たな価値を作る

竹中グループは、建設事業の周辺領域においてグループ各社やステークホルダーの皆さまと緊密に連携…社会が抱える課題やニーズに応え「まちづくりの全てのステージ」で貢献していくため、建設技術とサービスが融合した新しいソリューションとビジネスモデルで新たな価値を提供し、社会とお客様にとって「最良のパートナー」となることを目指します。

まちづくり総合エンジニアリング企業を目指して

竹中グループは、中核とする建設・不動産事業を企業基盤としながら社会のニーズに応えるため、サステナブル社会に求められる社会システムの構築を目指す「まちづくり総合エンジニアリング企業」への転換を図ります。
まちづくり戦略に基づき、サステナブル社会における「まちの基盤」「経済・文化」「生活(QOL)」「未来」という観点から建設事業に新たなソリューションをもたらしてビジネスモデルを創出…求められる社会システムをデザインすることで社会との共有価値創造を目指します。
多様な専門性・技術力・マネジメント力を発揮しうる人材・技術・ICTなど経営資源の拡充を図り、オープンイノベーションを推進…高いエンジニアリング力をもたらす機能及び組織体制の整備、魅力ある職場づくりを推進していきます。

まちづくり総合エンジニアリング企業の事業領域