人と地球の架け橋に 竹中土木

CSR情報

公平公正な事業活動を推進・展開

当社は企業理念のもとで「品質経営」を実践…お客様の満足や社会からの信頼を得るとともに、企業としての社会的価値を高めながら社会的責任を果たしていきます。

組織統治

経営の質の向上と迅速・的確な意思決定を行うガバナンスの充実

お客様や広く社会から信頼を得て、企業の社会的価値を高めるという考えのもと、企業活動全体の質の改善向上と経営の倫理性・透明性を高めるために、ガバナンス体制を構築し適正な運営に取り組んでいます。
当社は、経営トップが率先垂範して企業倫理の確立と教育・啓蒙を図っています。社員一人ひとりが、企業行動規範を徹底実践することで、法令及びその他の社会規範を遵守…公正・透明・自由な競争並びに適正な取引を行うことで社会的責任を果たしていきます。
また、ステークホルダーの皆さまから信頼され社会的責任を果たしていくために「CSR・コンプライアンス体制」を構築。お客様の満足と社会からの信用を得ながら、良識ある企業活動を実践しています。
内部統制については「内部統制基本方針」に基づき、コンプライアンスを含むCSR活動の推進やリスク事象発生時の危機回避と軽減、及び平時における危機管理活動の推進など、全社的な体制整備や啓発に取り組んでいます。

コーポレート・ガバナンス体制図

CSR・コンプライアンス体制を構築し啓発活動を行っています

CSR及びコンプライアンスを維持・向上させる体制として、社長をトップとする「CSR・コンプライアンス委員会」を設置し、企業行動規範及び関係法令の遵守を推進しています。また、CSR・コンプライアンスを推進する体制として本社に“CSR・コンプライアンス推進責任者”、各本支店に“CSR・コンプライアンスリーダー”を選任し、当社並びに竹中グループの一員としての教育・啓発の推進役としています。
具体的な取り組みとしては、竹中グループ全体で「eラーニング」を利用したCSR・コンプライアンス教育の実施や「CSR・コンプライアンスニュース」の配信を行うほか、毎年11月に実施する「竹中グループCSR・コンプライアンス月間」において、社外講師による「CSR役員セミナー」の開催や職場における「CSR・コンプライアンスミーティング」を実施。
こうした活動を繰り返し行うことで、コンプライアンスを含むCSRに関する知識・意識の向上を図っています。

CSR役員セミナー

CSR役員セミナー

コンプライアンス・ヘルプライン

コンプライアンス経営への取り組みを強化するために、コンプライアンス違反等に関する通報を適切に処理し、自浄作用を高めるとともに、外部への通報による風評リスク等を減少させることに資するため、従業員用としてコンプライアンス・ヘルプライン及び竹中グループ・コンプライアンスヘルプラインを、また、社外の協力会社関係者用としてパートナーズ・ネットを設置しています。

公正な事業慣行

関係法令の改正内容の周知徹底と建設法令遵守への継続した取り組み

「法令遵守」に基づいた適切な企業活動を実践するために、関係する様々な法令などの改正及び運用動向の社内への周知・徹底に努めています。
会社経営等にかかわる法改正はもとより建設業や労働安全、環境など、実務的な法令の改正に際して適切かつ確実な対応を図っています。毎年、国の定める「建設業取引適正化推進月間」にあわせて、作業所における「建設業法の遵守と社会保険加入状況の確認」・「フォローの確実な実施」について、期間を設けてあらためて確認を行うなど、全社を挙げて適切に取り組むよう周知・徹底を図っています。

反社会勢力への対応

全国の都道府県において暴力団排除条例が施行され、社会における反社会勢力に対する意識が大きく変化しています。
当社は従来より、全ての取引会社との間で“暴力団排除に関する契約”を締結するとともに、取引会社や関係各所と幅広く情報を共有。全社的に水平展開を図りながら“反社会勢力との関係遮断”を徹底しています。

危機管理

BCPに基づく自然災害など緊急時のリスク管理

竹中グループは、首都直下地震や南海トラフ地震など“自然災害”を想定した事業継続計画『BCP』を策定。各本支店に設置する対策本部を中核に従業員・家族の安否確認、作業所・自社施設に加え当社施工施設・公共施設の被災状況確認及び復旧対応等を一早く全社的に行う体制を整えています。
2017年11月13日には、竹中グループ17社・約1万2千人が参加して「合同震災訓練」を実施。
今回は、“東京・名古屋・大阪がほぼ同時期に被災”という厳しい条件を想定…災害対策本部の設置訓練や第二災害対策本部の確保・確認、関係防災協定における道路啓開*作業を想定した実施訓練など、例年に比べより実践的な訓練を盛り込みました。
今後も、厳しい条件を想定した訓練を継続的に実施していくことで『BCP』をさらにスパイラルアップし、大規模災害時の具体的な行動基準を周知・徹底していきます。

竹中グループ合同震災訓練

竹中グループ合同震災訓練

*道路啓開:災害時における緊急車両等の通行のため、早急に最低限の瓦礫処理を行い、簡易な段差修正等によりいち早く救援ルートを開けること。

安心と信頼

ステークホルダーの皆さまからの評価 《2017年の主な評価・表彰》

2017評価表彰